残念ながらお金を用意することができませんでした

カメラやらアイマスやら電気電子やらいろいろと書いていくやつ

気胸になった話(8日目)

 退院しました(ご報告).

 退院当日はもう普通にレントゲンとって各種手続きしてうんたらかんたらしたらして終わった.

 今回の気胸ではおよそ28万円の治療費がかかった(高額療養費制度未適用).まぁこれから高額療養費制度を適用させたり,保険金の受け取りをすると奇跡的にほぼ0円に収まるので,雑費と端数程度くらいの出費となるのだが(それでも5万くらいにはなるかな).

 今日は気胸になって思ったことと,これからのことを書いておきたいと思う.一応最終回だ(抜糸編は置いといて).

 まぁ気胸に限らず,どの病気でもかかった人が思う感想は「まさか自分が」である.知り合いに気胸患者がいたので何回か聞いていたし,実際にお会いしてドチャクソ痩せてたので多少は肉があるワイがかかるとは思っていなかった.確かにBMI基準で行くと痩せすぎ気味の痩せ気味ではあるが.
 自然気胸に限れば,痩せ気味程度でも十分発症する可能性があるということは頭に入れておいたほうがいいと思う.私が実体験しているので十分キツイことはわかっているが,みんな筋肉をつけよう.気胸の一番恐ろしいところは「手術しても10%の確率は残るし,もう片方もなる可能性がある」という再発性である.一応今回行った胸腔鏡下肺切除術と胸膜被覆術の次の段階の手術も無いことは無いが,肺に炎症を起こし胸腔に癒着させるという荒療治でもあるため,極力避けるべきである.しかも激痛を自ら広げなければならないという精神的にあまりにもキツイ仕打ちを受ける羽目になる.
 その点筋肉をつけることは筋肉痛は伴うかもしれないが,バンテリンレベルで何とかなる.手術の激痛は常用レベル最高の座薬を使ったって収まらないんだからそちらのほうが楽である.

f:id:KS13sai:20170704135526j:plain


 じゃあ具体的にどう筋肉をつけるのか.ぼくは踊ろうかと思う(唐突).というのも,福岡Pの方々はご存知だと思うが,ワイはShooting StarsやBlue Symphonyなどのミリマス曲の振り付けを覚えるのが軽く趣味である.アイマスで筋肉をつけられるならそれが一番精神的に楽だし,楽しいと思う.フラ嫁さんあたりを巻き込めば,持続可能性も高めることができる.場所も,よかラボを借りれば十分踊れる.
 ということで踊りません??まぁ激しい運動はデレ5th福岡以降解禁となるし,今は肺が破れる可能性があるため階段の昇り降りすら躊躇しているが,8月くらいからやりたいと思っている.
 まぁ捕らぬ狸の皮算用というし,今は大学の授業に追いつくので精一杯なので,とりあえず今を乗り切るのが先決である.







 おわりだよ~

 

 

 

 

2017/07/10 手術の種類に胸膜被覆術も追加.