残念ながらお金を用意することができませんでした

カメラやらアイマスやら電気電子やらいろいろと書いていくやつ

三脚を買った話

随分前の初星演舞2日目の朝に三脚を買いました(ご報告).ヨドバシカメラで.(倒置法)

8月にもManfrotto 055を買ったが,そのレビュー等々をしてなかったので,それも兼ねて今からレビューしてみたいと思う.

Contents






買った奴

8月に買った奴が055,先日買った奴がbefreeだ.特に断りがない限りは055,befreeと呼称する.



性能比較

それぞれの大まかな性能をまとめてみる.全て公式HPの公称値である.

項目 055 befree
重量[g] 3500 1400
最大耐荷重[kg] 8 4
格納高[cm] 74 41
全伸高(1)[cm] 183 144
全伸高(2)[cm] 153 123
最低高[cm] 9 34

ただし全伸高(1)はセンターポールを伸ばした状態,全伸高(2)はセンターポールを伸ばしていない状態の数値である.

ただ数字だけ言ってもしょうがないので,写真で見てみよう.



写真で比較パート

f:id:KS13sai:20180222182203j:plain
まずは折りたたんだ状態.倍ほど違う.

f:id:KS13sai:20180222182427j:plain
次にただ開いただけの状態.こちらも1.5倍ほど異なる.

f:id:KS13sai:20180222182428j:plain
最大限開いた時の状態.こちらは055が圧倒的に低くなる.

f:id:KS13sai:20180222182430j:plain
続いて最高長.こちらも055の方が圧倒的にデカいが,Befreeも中々.



055の特徴

 055は主に星撮り用やガチる時用に買ったので,構図の微調整がしやすい3Way雲台付きの物を購入した.

f:id:KS13sai:20180222182434j:plain
055の3Way雲台~カメラを乗せて~

 3Way雲台はヨー,ピッチ,ロール軸を独立して動かせるため,構図の微調整に向く.その分構造が大掛かりになるため,可搬性は落ちる.

f:id:KS13sai:20180222182508j:plain
各軸独立した水平器が付属しているため,軸ごとに水平が出せる.

f:id:KS13sai:20180222182507j:plain
また,収納する時はハンドルを短くできる.

f:id:KS13sai:20180222182438j:plain
三脚自体にも簡易な水平器が付属する.

 055の重要な機能として90°センターポールは紹介しておくべきだろう.

 この機能はその名の通り,センターポールを90°傾けることができる機能である.

f:id:KS13sai:20180222182429j:plain
分かりづらいが,先ほどの最低高の写真はこの機能を使っている.

 いい感じの機構なので,変形過程を示す.

 STEP1 ネジを緩めたのち,センターポール下のボタンを押しながら…

f:id:KS13sai:20180222182509j:plain
ネジを回してボタンをPUSH!!!!!!!!!!!!!

 STEP2 センターポールを引っ張る.

f:id:KS13sai:20180222182510j:plain
普段は収まっている赤い部分が飛び出す

 STEP3 そのまま倒して…

f:id:KS13sai:20180222182513j:plain
KNOCK!!!!!!!!!!!!

 STEP4 ガシャッとなるまでセンターポールを入れてネジを締める.

f:id:KS13sai:20180222182514j:plain
何故ガシャットを生み出せたのか(アロワナノー)

 こいつを使うことで様々な状況に対応することができ,三脚利用の幅が広がる.

 また,全伸高が183cmとワイの身長よりも高く,多くの場合,高さでは困ることはないだろうと思われる高さである.



欠点

 何を隠そう,重い.

 重量が3.5kgと三脚にしてはそこそこ重たい部類に入るため,持ち運びには一切向かない.HOTCHPOTCHの時はこれとカメラバッグを担いで東京を1日観光したが,死ぬかと思った.

 そもそも長距離持ち歩くこと自体が想定外の運用なのだから仕方ない.こいつを運用するのは車で移動して展開する時や近場で撮るときに限られるだろう.

 また,ケースが別売りとなっている.どうも高級三脚では当たり前っぽいが.

 そのため,Manfrotto純正のMBAG80PNを購入した.

f:id:KS13sai:20180222182453j:plain
上がMBAG80PN.下はBefree付属のバッグ

 このバッグは純正なだけあって,作りはそこそこしっかりしており,大きく開くこともできる.それを利用して追加でタオルなどのクッション材を入れることもできる.

f:id:KS13sai:20180222182456j:plain
価格も開き口もでけぇなお前(褒めて伸ばす)

 しかしながら,キッチリ運用するならば重さはほぼ無視できるし,高級三脚のスタンダードを強力な欠点にすることは難しいだろう.



Befreeの特徴

 Befreeの特徴は何と言ってもその可搬性にある.

 40cmという縮長は,リュックの中に三脚を入れられるということを意味する.また,航空機内にも持ち込むことができる.

f:id:KS13sai:20180222182432j:plain
以前まで使っていたSLIKのF143と比較.この差が可搬性に響く.

 しかしながら,全伸高はF143よりも高くなる.

f:id:KS13sai:20180222182431j:plain
左から055,Befree,F143.

 なぜこういうことが起こってしまうのか.その秘密はBefreeの画期的な収納方法にある.

 文章で説明するより,写真で見てもらった方が早いので,写真で説明する.

 STEP1 センターポールを伸ばす.

f:id:KS13sai:20180222182441j:plain
PULL!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 STEP2 レバーを回し折り畳み状態に設定する

f:id:KS13sai:20180222182506j:plain
これは通常時のレバー状態.一旦閉じてから収納モードにする.

 STEP3 足を180度回転させる.

f:id:KS13sai:20180222182442j:plain
フィギュアスケートにこんな感じの状態で回る奴あるよね

 STEP4 3本全てに同様に行う.

f:id:KS13sai:20180222182443j:plain
すごくコンパクトにまとまる

 このような収納を行うことで,雲台分の高さがキャンセルアウトされて,縮長40cmという驚異的な短さに収まりながらも,十分な全伸高を出せるのである.

 また,055と違って,こちらの雲台はボール雲台となる.

 ボール雲台は,各軸が同時に稼働するため,素早い構図調整が可能となる反面,構図の微調整が難しく,水平出しも困難となる.

f:id:KS13sai:20180222182435j:plain
カメラを乗せて.左についてるネジを緩めることで,自由に動かせる.

 今まで3Way雲台に慣れ切った筆者は,カメラを支えずにレバーを緩めてしまい,カメラが一気に下を向くということを何回もしでかしたため,実はボール雲台はあまり好きではない.

f:id:KS13sai:20180222182458j:plain
こうなるとビビる.

 これからお世話になるはずなので,これから慣れていきたいと思う.

 ところで,こいつには055並みに足を開いたり,90°センターポール機能はない.そのため,最低高を出すためには,ちょっとした工夫が必要となる.

 STEP1 センターポールのネジを外す.

f:id:KS13sai:20180222182502j:plain
ちなみにこのフックにはウエイトを吊るすことができる.

 STEP2 センターポールを抜く.

f:id:KS13sai:20180222182504j:plain
PULL OUT!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 STEP3 逆に取り付ける.

f:id:KS13sai:20180222182505j:plain
割と原始的

 STEP4 カメラを取り付けて完了.

f:id:KS13sai:20180222182500j:plain
中々シュール

 当然,カメラの操作も逆になるのでなかなか面倒.

f:id:KS13sai:20180222182501j:plain
画面が逆になってくれるのは救い

 ここまでして最低高を出したいかと言われれば微妙だが,一応説明書にも書いてある公式な機能なので載せておく.

 また,先ほど出したように,Befreeには専用ケースが付属する.

 割とギリギリではあるが,無理やりという範囲ではないほどピッタリに設計されている.

f:id:KS13sai:20180222182454j:plain
ケースに入れた状態.結構ギリギリ.



欠点

 当然っちゃ当然なんだが,耐荷重が結構ギリギリ.そもそもトラベル三脚に耐荷重を求めてはいけない.

f:id:KS13sai:20180222182457j:plain
やっぱり頼りない.

 でもそれ以外に欠点らしい欠点は見当たらない.学生でも手の届きやすい,いい三脚と言えるだろう.



まとめ

 055もBefreeも,適材適所,最適運用を心がければ,大変心強い味方となってくれる三脚となる.

 055は大半の人にとって大げさかもしれないが,Befree程度なら購入してはどうだろうか.



おまけ

 三脚の雲台は規格が統一されていることが多いため,相互に付け替え可能である.

f:id:KS13sai:20180222182439j:plain
055の雲台を外した状態.ただのネジである.

 なので,例えば…

f:id:KS13sai:20180222182436j:plain
055にBefreeの雲台を取り付けた状態.

 こんなことや

f:id:KS13sai:20180222182437j:plain
Befreeに055の雲台を取り付けた状態

 こんなこともできる.

 やる意味はないがな!!